PAGE
TOP

 カラダの中から健康を支える、大和酵素の植物発酵エキス

5,000円(税込)以上のご購入で送料無料!

ファスティング(断食)

  • LINEで共有

ファスティング(断食)後の回復食
回復食を制するものはファスティングを制す!

1. ファスティングの回復食の重要性と回復食期間を設ける理由

「ファスティング後の回復食は、ファスティングの成功を左右する、と言われるほど重要です。

回復食を設ける理由は主に2つあります。

    • リバウンド防止
    • ファスティング(酵素断食)直後は、身体は低栄養状態にあり身体の栄養吸収力が高まっています。その状態で急に普段の食事に戻してしまうと身体は普段以上にたくさんの栄養分を吸収してしまい、脂肪として溜め込みやすくまります。リバウンドの原因にもなるので、ファスティング後の食事には注意が必要です。

    • ファスティングで休ませた消化器官への負担を抑える
    • ファスティングの目的は胃腸などの消化器官を休めて身体の調子を整えることです。ファスティング後に急に普段の食事に戻すことで、消化器官に負担がかかりますので、ファスティングの努力を無駄にしないためにも、急に元に戻すのではなく、和食などを中心に、消化吸収のよい軽いものから始めて徐々に身体を慣らしていく必要があります。

実は、意外なことに数日間「食べない」ことに耐えられる方でも、いざ「食べて良い」となってからゆっくりと日常の食生活に戻すことの方が大変と感じる方が多くいらっしゃいます。ファスティング後の回復食は、ファスティング期間と同じぐらい大切な期間ですので、必ず回復食の期間を設けましょう。

ファスティングにより、味覚が鋭くなり、普段の身体では味気なく感じる低カロリーの回復食メニューも美味しく感じるようになります。味覚が変化し、薄味や低カロリーの食事を楽しめるようになるのもファスティングのメリットの1つで、食生活が乱れている方にとっては、ファスティングを機に食生活を見直し、健康的な食生活をスタートするいい機会でもあります。

この記事もおすすめ!
この記事もおすすめ!

2. ファスティング後の回復食のポイント

    • 吸収力が高い期間に質の良い栄養を摂りましょう
    • ファスティング(酵素断食)をすることで、身体は低栄養状態になっています。そのため、栄養の吸収力が普段よりも高い状態ですので、質の良い栄養のあるものを摂ることが重要です。 回復食にも、栄養のたっぷり詰まった酵素ペーストや酵素ドリンクなどを利用することをおすすめしています。

  • ファスティングにオススメの発酵食品酵素ペースト「熟-JUKU-」
    酵素ペースト「熟-JUKU-」

    105種類の野菜・果物・きのこ類・穀類・海藻類・民間植物などの自然の国産の素材を発酵・熟成させたペースト状酵素発酵食品。3年以上の長期熟成により、体に消化負担が少なく質の良い栄養がたっぷりギュッっと詰まっています。

    ファスティング後の回復食にもおすすめ!酵素ペースト「熟-JUKU-」の詳細はこちら

    • 揚げ物やお肉、刺激物、高カロリーの食事は避け、和食中心の消化のいい食事を摂りましょう
    • 胃腸に負担がかかったり、リバウンドの原因にもなりますので、回復食の期間は、高カロリーな食事はさけることが大切です。

    • 動物性たんぱく質は避けましょう
    • 動物性たんぱく質は消化不良の原因になりますので、回復食の期間は動物性タンパク質の摂取は控え、大豆などの植物性タンパク質を摂りましょう。

    • 回復食はよく噛んで食べる
    • よく噛むことで、唾液がたくさん分泌されます。唾液に含まれる消化酵素(アミラーゼ)はデンプンの分解・消化を助ける働きがあるので、胃腸の負担を軽減できます。回復食の期間だけに限らず普段からよく噛んで食べることは大切です。

    • 水は1〜2リットル程度を補給
    • ファスティング中と同様に、回復食の期間も水分をしっかり補給しましょう。

3. 回復食のメニュー

回復食のメニュー

回復食のメニューは

といった順序で、徐々に通常の食事に戻していくことがポイントです。

ファスティング明けの1日目の食事は、重湯や具のない味噌汁などからスタートします。ファスティングを2日実施した方は、復食期の2日目はおかゆや、野菜や豆類、キノコ類などをやわらかく煮込んだメニューがおすすめです。

回復食
ファスティング
(酵素断食)後の食事期間:断食期間と同じ日数

⬛︎ 1日目

酵素発酵ペーストのみ 「熟-JUKU-」
2包

熟イラスト
回復食メニュー 重湯・具なしスープ等 回復食メニュー 重湯・具なしスープ等

⬛︎ 2日目

酵素発酵ペーストのみ 「熟-JUKU-」
2包

熟イラスト
回復食メニュー おかゆ・野菜スープ・蒸し野菜・湯豆腐等 回復食メニュー おかゆ・野菜スープ・蒸し野菜・湯豆腐等

※水分は1日 1〜2リットル程度を補給してください 。

回復食のメニューの例

1日目

おもゆ

生米:水 = 1:10 くらいで30分ほど煮込み、塩をひとつまみ加え、ザルでこした汁物。

具なし味噌汁

700mlの水に対して、大さじ2の味噌(赤味噌か豆味噌が理想)が目安です。




2日目

おかゆ

通常のおかゆに梅干し、または味噌を少し入れます。

野菜スープ

玉ねぎや白菜、しいたけなどの野菜をお好みの味で、柔らかくなるまで煮込みます。

蒸し野菜

キャベツ、ブロッコリー、インゲン、、かぶ等を蒸し器やフライパンで蒸し、ポン酢か岩塩でいただきます。

湯豆腐

お鍋に水と昆布を入れ30分ほどおく。少し大き目に切った豆腐を上から入れ、煮立てないように弱火にかけ温めます。
豆腐は温めるとより消化に良いと言われており、大事なタンパク質源となります。




回復食のポイント
  1. 1日2食、それぞれのメニューから1点選びましょう。
  2. 断食日数=回復食日数なので、断食が1日の場合は1日目のメニューのみ、断食が2日の場合は1日目→2日目のメニューに移ってください。
  3. ご飯は糖質が高いので量は控えめにするといいでしょう。
  4. 水分は1日1~2リットル程度を補給してください。
    水や白湯、カフェインの含まれていないお茶をお飲みください。
  • LINEで共有